「ランドスケープ遺産」及び「北の造園遺産」候補の募集

「ランドスケープ遺産」及び「北の造園遺産」候補の募集

応募要領

応募用紙

応募用紙記載例

日本造園学会では各支部と共同して、全国的に「ランドスケープ遺産」の収集と目録の作成を進めております。造園・ランドスケープに関わる空間で、将来に向けての保全を検討すべき対象を把握すると共に、目録を作成して記録に残していくものです。また北海道支部では、それらの中から特に優れたものを『北の造園遺産』として認定し、顕彰する活動を行ってきました。

これまで7回の募集を行い、その結果約170件のランドスケープ遺産の収集が行われました。また、その中から選考委員会により、合計25箇所を『北の造園遺産』として認定しております。

今年もまた、別紙の要領に基づいて募集を実施いたします。みなさんの身近なところや旅行先で気付いた場所など、様々な造園やランドスケープに関わる事例を推薦していただきたいと思います。

趣旨にご理解の上、積極的にご応募頂きますようお願いいたします。


 

「ランドスケープ遺産」及び「北の造園遺産」候補の募集要領

(1)募集対象

北海道に現存し、造園・ランドスケープに関わる空間で、将来に向けての保全を検討すべき対象であり、公園や庭園、街路樹や並木、造園材料や造園の道具なども含まれます。

歴史的・文化的な遺産の場合においては年代を問いません。当初形態が変化していても、ランドスケープとして持続的に存続しているものを含みます。ただし、跡地となっていて営みが停止していたり、消滅しているものなどは含みません。

例えば、空間としては下記のようなものがあげられます。

  • デザインされたランドスケープ(公園、庭園、街路樹、並木道、ビオトープ、石組、など)
  • 生活や生業など広く人為によって生み出されたランドスケープ(棚田、防風林、屋敷林、田園景観など)
  • 時代を代表する行楽地や景勝地、眺望景観など
  • 自然的な遺産としては、特に人々の生活や諸活動との関わりにおいて維持・発展してきたものなどのほか、地域の風土を理解する上で大切なもの

(2)記載内容

できるだけ多くの事例をあげ、次の事項を記載して下さい。

  • 名称(名称がない場合は事例の様子を適宜表現して下さい)
  • 所在地(市区町村名)
  • 事例として取り上げた理由など:事例の概要、作品等においては完成した年代や社会的な重要性を示す年代、また、自然的なものにおいては、保全すべき事由や契機など、広く「北の造園遺産」候補として取り上げるべきとの考え方を簡潔に記載してください。

(3)応募資格

  どなたでも応募できます。(学会員でなくても応募できます)

 

 

(4)応募方法

名称、完成年、所在地、推薦理由などを「ランドスケープ遺産及び北の造園遺産候補応募用紙」に記入し、提出して下さい。なお、個人情報については、「ランドスケープ遺産及び北の造園遺産候補応募用紙」および資料に関する連絡に使う以外、公開公表致しません。書式は、日本造園学会北海道支部のホームページ

(http://www.jila-hokkaido.com/)からダウンロードしてご利用下さい。

原則としてデーター(isan@jila-hokkaido.com)でお送り下さい。郵送の場合は、大変恐れ入りますが、送料のご負担をお願い致します。

 

(5)応募締め切り

 2017(H29)年 2月28日

 

(6)審査方法

ご推薦いただいた候補をもとに、北海道支部に設置される「北の造園遺産選考委員会」が審査にあたり、ランドスケープ遺産の目録づくりと、その中から特にすぐれたものを「北の造園遺産」と認定していきたいと考えています。

皆様の応募によって目録の内容やカテゴリーが決定されるという側面がありますので、できるだけたくさんの応募をいただきますようよろしくお願いいたします。

 

(7)提出先

(公社)日本造園学会北海道支部事務局

 北海道大学大学院農学研究院園芸緑地分野花卉・緑地計画学研究室

  〒060-8589 札幌市北区北9条西9丁目

      e-mail  isan@jila-hokkaido.com

 

【参 考】

 ■現在設定されている部門について

既に先行している関東支部や中部支部の部門を参考に、北海道支部では次のような部門を設定しています。これは今後どんどん見直してゆく予定ですので、あくまで目安と考えて下さい。

都市公園、庭園(庭園跡も含む)、自然公園(保全された自然)、社寺・境内、学校・キャンパス、街路樹、並木道、動植物園、緑地、産業遺産、その他

 

2017年1月31日

研究会「大学におけるランドスケープ・デザインの協働と実践」の開催について

研究会「大学におけるランドスケープ・デザインの協働と実践」

※本プログラムは「造園CPD認定プログラム(単位1.0)」です。

 

 日時:2017年1月18日(水)17:00-18:30

 会場:北海道大学農学部 S11講義室

 申込:不要

 

 講師:伊東啓太郎氏(九州工業大学環境デザイン研究室・教授)

 

 趣旨:「多くの生物が生息できる緑豊かな空間」「子どもや大人にとって快適な空間」「自然環境の素晴らしさや知恵を伝える空間」とはどのような空間なのか、大学においてキャンパス内外で学生とともに考え、実現してきたことを紹介いただく。

 

 問い合わせ:松島肇(北海道大学大学院農学研究院)

       matts@res.agr.hokudai.ac.jp

2016年12月19日

支部大会案内を一部変更(開場,受付,発表時間)しました。

平成28年度 日本造園学会北海道支部大会

10月1日(土)の日程で日本造園学会北海道支部大会が北海道大学にて開催されます。

主催:日本造園学会北海道支部
共催:一社・ランドスケープコンサルタンツ協会北海道支部、一社・北海道造園緑化建設業協会
後援:北海道開発局、環境省北海道地方環境事務所、北海道、札幌市


◇10月1日(土)研究事例報告会・支部総会・シンポジウム

場所:北海道大学人文・社会科学棟(札幌市北区北10条西7丁目)

9時30分受付開始(1階エントランス)

10:00 – 12:00  研究・事例口頭発表(1階5番・6番教室)

13:00 – 14:00  研究・事例ポスター発表(2階ホール)

14:00 – 14:30  北海道支部総会(2階8番教室)

14:30 – 15:00 日本造園学会賞(設計作品部門)受賞者講演 「あさひかわ北彩都ガーデン」

        村田周一氏(高野ランドスケーププランニング代表取締役)(8番教室)

15:00 – 17:30 シンポジウム(8番教室)

       「インバウンド観光と北海道の公園:外国人旅行者への対応と魅力ある管理運営」

       パネリスト:

           高橋啓介氏 (北海道地方環境事務所 統括自然保護企画官)

           上垣孝順氏 (一般財団法人公園財団事業推進部長兼企画部長)

           鄭佳昇氏 (道内企業営業部インバウンド振興担当)

       コーディネーター:

           愛甲哲也氏(北海道大学大学院農学研究院)

18:00 – 20:00 懇親会 北海道大学中央食堂2階ホール(札幌市北区北11条西8丁目)

        ※ 参加費:一般2,000円(学生無料)、懇親会4,000円(学生2,000円)

16%e4%bc%9a%e5%a0%b4%e6%a1%88%e5%86%85%e5%9b%b3%ef%bc%88%e5%ba%83%e5%a0%b1%e7%94%a8%ef%bc%89-2_%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8_1 16%e4%bc%9a%e5%a0%b4%e6%a1%88%e5%86%85%e5%9b%b3%ef%bc%88%e5%ba%83%e5%a0%b1%e7%94%a8%ef%bc%89-2_%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8_2

 


■申し込み方法

◇研究・事例発表申込

 造園分野に関連する計画、設計、調査、研究活動などの成果をご発表ください。

 【口頭発表】

 8月5日(金)まで、apply@jila-hokkaido.comへ、件名「口頭発表申込」で、「氏名・所属」「タイトル」「連絡先」をメールでご連絡下さい。

   要旨(A4 1~2ページ)(※要旨見本)と登録整理票の様式をダウンロードしてご記入頂き、9月2日(金)までにメールに添付して提出して下さい。

  口頭発表「募集要項」
  口頭発表「登録整理票」

  口頭発表「要旨見本」

 【ポスター発表】

  申込み用紙をダウンロードし、「氏名・所属」、「タイトル」、「要約(300字以内)」等をご記入頂き、9月2日(金)までに、apply@jila-hokkaido.comへ、件名「ポスター発表申込」で、メールに添付して送信して下さい。

  当日までに、ポスター(A0サイズ ※ポスター様式を参考)を作成し、指定時刻に掲示して下さい。

  ポスター発表募集要項
  ポスター発表申込用紙
  ポスター様式

◇学生発表の表彰

 学生による口頭発表とポスター発表それぞれから、優秀な発表を選出し、支部として表彰をいたします。

◇懇親会参加申込

9月16日(金)までに、apply@jila-hokkaido.comまで、件名「参加申込」とし、「氏名・所属」「懇親会の出欠」をお知らせ下さい。

 

メーリングリストへの加入の勧め

最新の情報をお受け取りになりたい方,また北海道内の造園学会会員の方は,メーリングリストへのご加入をおすすめします。hpml@jila-hokkaido.com に,お名前,ご所属,メールアドレスをお知らせください。

 


◇問合せ先:日本造園学会北海道支部事務局

006-8585 札幌市手稲区前田7条15丁目4-1 北海道科学大学 工学部 都市環境学科

担当:椎野亜紀夫 電話&Fax 011-688-2202 shiino@hus.ac.jp

2016年9月9日

研究会「民族共生象徴空間における『国立民族共生公園』の検討状況について」 アップしました。

研究会「民族共生象徴空間における『国立民族共生公園』の検討状況について」

 ※このプログラムは,造園CPD認定プログラム<単位1.0>です。

 

日時:2016年9月8日(木)18:00-19:00

会場:北海道大学農学部 S11 講義室(札幌市北区北8条西5丁目)

申込:不要

参加費:無料


講師:篠宮章浩 氏(国土交通省北海道開発局)

 

趣旨:民族共生象徴空間は、アイヌ文化の復興等に関するナショナルセンターとして白老町に整備し、その中核区域には国立アイヌ民族博物館及び国立民族共生公園を設置すること、東京オリンピック・パラリンピック競技大会前に一般公開することが、平成26年6月に閣議決定された。

ここでは、今年4月に基本計画が公表された「国立民族共生公園」について、これまでの検討の経緯、民族共生象徴空間における位置づけ等計画の概要を紹介いただく。

 


問い合わせ:太田広(国立研究開発法人土木研究所寒地土木研究所)

oota-h8911【@】ceri.go.jp

 *【】は半角に変更して下さい。

2016年8月3日

平成28年度日本造園学会北海道支部大会シンポジウム 「インバウンド観光と北海道の公園:外国人旅行者への対応と魅力ある管理運営」

平成28年度日本造園学会北海道支部大会シンポジウム

「インバウンド観光と北海道の公園:外国人旅行者への対応と魅力ある管理運営」

10月1日(土) 午後15時~17時半 北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟(札幌市北区北10条西7丁目)

 

 訪日外国人客は年々増加し,「明日の日本を支える観光ビジョン」では2020年に4000万人、外国人旅行消費額を8兆円という目標を掲げ、公的施設の開放や文化財の活用などが提案されています。

 北海道の都市公園・国立公園にも多くの外国人利用者が訪れ,標識や情報提供の多言語対応をはじめとした施策がもとめられています。本シンポジウムでは,インバウンド観光への対応の課題を探り,より魅力的な公園づくり・管理運営にいかす方策について,都市公園・国立公園・インバウンド観光の専門家を招いてディスカッションを行います。関係されるみなさまのご参加をお待ちしております。

 

ショートプレゼンテーション

 外国人留学生のみた日本の公園          北海道大学外国人留学生

パネルディスカッション

 国立公園における外国人対応の課題と方策(仮)

        環境省北海道地方環境事務所 統括自然保護企画官 高橋啓介氏

 国営公園公園における外国人対応の課題と方策(仮)

        一般財団法人公園財団 事業推進部長 上垣孝順氏

 外国人旅行者の目から見た北海道の観光地・公園の魅力と課題(仮)

        道内企業営業部インバウンド観光担当 鄭佳昇氏

コーディネーター 北海道大学大学院農学研究院 愛甲哲也

 

日本造園学会北海道支部大会について,詳しくは下記を御覧ください。

http://www.jila-hokkaido.com/?page_id=96

2016年7月21日

平成28年度 日本造園学会北海道支部大会(10/1実施) の案内をアップしました。

平成28年度 日本造園学会北海道支部大会

10月1日(土)の日程で日本造園学会北海道支部大会が北海道大学にて開催されます。

主催:日本造園学会北海道支部
共催:一社・ランドスケープコンサルタンツ協会北海道支部、一社・北海道造園緑化建設業協会
後援:北海道開発局、環境省北海道地方環境事務所、北海道、札幌市


◇10月1日(土)研究事例報告会・支部総会・シンポジウム

場所:北海道大学人文・社会科学棟(札幌市北区北10条西7丁目)

9:15 受付開始

9:30 – 12:00 研究・事例口頭発表

13:00 – 14:00 研究・事例ポスター発表

14:00 – 14:30 北海道支部総会

14:30 -15:00 日本造園学会賞(設計部門)受賞者講演 「あさひかわ北彩都ガーデン」

       村田周一氏(高野ランドスケーププランニング)

15:00 -17:30 シンポジウム

「インバウンド観光と北海道の公園:外国人旅行者への対応と魅力ある管理運営」

* ショートプレゼンテーション

  外国人留学生のみた日本の公園          北海道大学外国人留学生

**パネルディスカッション

 国立公園における外国人対応の課題と方策(仮)

         環境省北海道地方環境事務所 統括自然保護企画官 高橋啓介氏

 国営公園公園における外国人対応の課題と方策(仮)

         一般財団法人公園財団 事業推進部長 上垣孝順氏

 外国人旅行者の目から見た北海道の観光地・公園の魅力と課題(仮)

         道内企業営業部インバウンド観光担当 鄭佳昇氏

 コーディネーター 北海道大学大学院農学研究院 愛甲哲也

18:00-20:00 懇親会 北海道大学中央食堂2階ホール(札幌市北区北8条西5丁目)

※ 参加費:一般2,000円(学生無料)、懇親会4,000円(学生2,000円)

 


■申し込み方法

◇研究・事例発表申込

 造園分野に関連する計画、設計、調査、研究活動などの成果をご発表ください。

 【口頭発表】

 8月5日(金)まで、apply@jila-hokkaido.comへ、件名「口頭発表申込」で、「氏名・所属」「タイトル」「連絡先」をメールでご連絡下さい。

   要旨(A4 1~2ページ)(※要旨見本)と登録整理票の様式をダウンロードしてご記入頂き、9月2日(金)までにメールに添付して提出して下さい。

  口頭発表「募集要項」
  口頭発表「登録整理票」

  口頭発表「要旨見本」

 【ポスター発表】

  申込用紙をダウンロードし、「氏名・所属」、「タイトル」、「要約(300字以内)」等をご記入頂き、9月2日(金)までに、apply@jila-hokkaido.comへ、件名「ポスター発表申込」で、メールに添付して送信して下さい。

  当日までに、ポスター(A0サイズ ※ポスター様式を参考)を作成し、指定時刻に掲示して下さい。

  ポスター発表「募集要項
  ポスター「申込用紙
  ポスター様式

◇学生発表の表彰

 学生による口頭発表とポスター発表それぞれから、優秀な発表を選出し、支部として表彰をいたします。

◇懇親会参加申込

9月16日(金)までに、apply@jila-hokkaido.comまで、件名「参加申込」とし、「氏名・所属」「懇親会の出欠」をお知らせ下さい。

 

メーリングリストへの加入の勧め

最新の情報をお受け取りになりたい方,また北海道内の造園学会会員の方は,メーリングリストへのご加入をおすすめします。hpml@jila-hokkaido.com に,お名前,ご所属,メールアドレスをお知らせください。

 


◇問合せ先:日本造園学会北海道支部事務局

006-8585 札幌市手稲区前田7条15丁目4-1 北海道科学大学 工学部 都市環境学科

担当:椎野亜紀夫 電話&Fax 011-688-2202 shiino@hus.ac.jp

2016年6月21日

研究会「イタリア、トリノの都市計画と水と緑の再生計画の展開」

造園CPD認定プログラム

日時:2016年6月1日(水)18:00-20:00

会場:北海道大学農学部 S12講義室

申込:不要

講師:クラウディア・カッサッテッラ氏(トリノ工科大学大学間連携地域・都市計画学科)
   マウロ・ボルピアノ氏(トリノ工科大学大学間連携地域・都市計画学科)

趣旨:トリノはイタリア北西部にあり、冬季オリンピックが開催された町として有名でる。イタリアーフランスの交通拠点としてローマ時代から都市が形成され、中世にはフランス・サボイ家の拠点として、バロック都市として整備された。1861年のイタリア統一後の最初の首都であり、近代にはフィアットの生産拠点としての工業都市として発展するが、1970年代に経営不振に陥り、人口が大幅に減少した。しかし、1993年にV. カステラーニ市長が当選すると、官民一体となった戦略的計画を作り上げ、生活重視、都市型新産業の都市として再生を遂げた。同時に、サボイ家の歴史遺産(ユネスコ遺産)を生かし、水都計画、コロナヴェルデ計画など、様々な景観計画を遂行し、水と緑にあふれた町に変貌している。本研究会では、トリノの都市計画と水と緑の再生計画に関わってこられたトリノ工科大学の二人の先生に話を伺い、北海道での展開について考える。

 問い合わせ:松島肇(北海道大学大学院農学研究院)
      matts@res.agr.hokudai.ac.jp

2016年4月15日

研究会「樹木葬墓地による森林空間の新たな活用」

造園CPD認定プログラム

日時:2016年5月19日(木)18:00-19:00

会場:北海道大学農学部 S12講義室

申込:不要

講師:上田裕文氏(北海道大学観光学高等研究センター)

趣旨:近年注目を集める樹木葬について、国内外の状況を紹介した上で、日本に求められる樹木葬墓地の今後のあり方を示す。樹木葬墓地を通して、未来の社会や空間(公共空間)のあり方を議論する。

問い合わせ:松島肇(北海道大学大学院農学研究院)
      matts@res.agr.hokudai.ac.jp

2016年4月15日